ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

ドヤ街の食

大阪西成探訪・早朝の #スーパー玉出 (天下茶屋店)半額惣菜の風景(2017/12)

今回は先日(といっても約1年前)に西成に泊まった時、朝食を買うため早朝のスーパー玉出に行った時の話を。
(JR新今宮駅周辺には3軒のスーパー玉出があり、この界隈のどの安宿に泊まってても気軽に行けるのが嬉しい)

 (公式)天下茶屋店   店舗情報   大阪の激安スーパー玉出
 http://www.supertamade.co.jp/store/46_tengacyaya.html
 (関連記事)ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜。2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21333974.html
 (関連記事)安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2200円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069759194.html


●絵入りで明快「ヌードルコーナー」(天下茶屋店)
以前の記事でお店の外のサイケデリックな感じの看板などを紹介したが、今回行った天下茶屋店の方では、店内にネオンサインで書かれた派手な売り場説明があちこちにあり、さながら夜の歓楽街といった趣さえ感じられる。

 (関連記事)スーパー玉出事業売却の報…玉出の思い出(2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/24853178.html

こちらは「そば」「うどん」の間にデカデカと書かれた「ヌードルコーナー」。
(「ヌ」の文字が特にでかい。もし「ル」の文字が消えてたらパチ屋の「パ」の字が消えたような面白い状況に?)

そして両側には丼に入ったタヌキ、キツネが描かれていて「そば・うどん」なのをわかりやすくアピールしていた。
(たぬきそば、きつねうどんの組み合わせが関西では一般的だからこの配置?)
IMG_tamade_noodle_sign


●溢れる半額コーナー
この時は朝7時前に行ったのだが、たまたまお惣菜・お弁当などの半額商品が出る時間帯だったせいかワゴン上には溢れんばかりの半額惣菜が並んでいた。

この量で98円、100円(の半額)なボリューム感も驚きだが、そのネーミングも個性的なものが多い。

「野菜たっぷりの中華春雨サラダ」
「ブロッコリーとたまごのサラダ」
「高野玉子とじ」
「もやし炒め」
(最後だけなんともシンプルすぎるネーミングなのが気になる)

IMG_tamade_hangaku

いずれも家庭的な具材・味っぽいので色々買い込みたくなる(「孤独のグルメ」のコンビニ回みたいに…そういえば大阪に行った回もあったなと)が、宿泊中なので朝に食べ切れないと荷物が増えるのが悩みどころ。
(こんな日に限って大阪から帰る日で、しかも青春18きっぷで関東から大阪に来てる(普通電車だけで行くと9時間ほど)ために出発が早い時間だったりするので、ゆっくり朝食を食べてられないのも辛い所)

 (関連記事)青春18きっぷで東海道横断・途中下車して寄り道(東京~大阪)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1071805073.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】孤独のグルメ / 谷口ジロー
価格:50円(税込、送料別) (2018/12/5時点)




●「上巻・焼きアナゴ入り」

山のような半額商品を前に色々迷った挙句、この日の朝食は定番の「上巻・焼きアナゴ入り(188円)」とした。
(他の麺類やご飯メニューに加えるとやや高めな印象だが、海苔巻きで少々作る手間がかかってるから?)

 (関連記事)ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜。2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16525515.html

IMG_tamade_anago

海苔巻きの具材は卵焼き・キュウリ・カニカマに加え茶色いアナゴが入っててちょっと贅沢な一品で、ガリの小袋も入ってる。
(「上」は「上にぎり」的な意味合いだろうか)


この時は焼きアナゴ以外にも前夜に買った品の余り物などもあったため、朝食が結構なボリュームになってしまった。
(格安自販機で買った50円とかのジュースやら安売りのパンやら…移動前に食べきって荷物を軽くしたいところ)

 大阪西成探訪・萩ノ茶屋駅のそばで見かけた個性的すぎる酒自販機
 http://doya-gai.blog.jp/archives/26027257.html

IMG_tamade_breakfast




西成に行くのが年1回だと、次行く時は商品入れ替えでもう見られない惣菜も多かったりするので、ジップロックでも買って惣菜を家に持ち帰ろうかとも思うこの頃。

※先日創業者が逮捕されたことに伴い、「看板を外して利益が出せるかは未知数であり、取締役会で検討」とまさか店名変更かも…といったことがニュースになっていたが、なんとか存続して頑張ってほしいものである。

 スーパー玉出の創業者が逮捕 現在の運営会社は「いい迷惑」 - ライブドアニュース
 http://news.livedoor.com/article/detail/15686802/


スーパー玉出事業売却の報…玉出の思い出(2017・冬)

ドヤ街に泊った時に激安惣菜でお世話になってるスーパー玉出だが、先日、そのスーパー事業を売却するという衝撃的ニュースが流れた。

 大阪の格安スーパー玉出を売却へ :日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31833040V10C18A6000000/
 (関連記事)
 ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜。2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21333974.html

気になるのは事業売却後の営業方針(激安惣菜などの販売が続くか)だが、上の記事によると、

> 主力のスーパー事業を7月上旬に売却
> 売却する理由についてこの幹部は「社長が高齢となり、格安の創業精神を継承する企業が見つかったため」と説明

と一応、「格安の創業精神を継承」とあるので、その点に望みをつなぎたい所である。
(次に自分が西成に行くのは年末だろうからすぐに確認しに行けないのが残念だが、現地の方のレポートを待ちたい)

※なお、スーパー玉出の公式サイトの方には特にその辺の売却に関する情報が出てないのが気がかり。
 (「新着情報」の一覧にはセールチラシの情報しかなかった)

 大阪の激安スーパー玉出
 http://www.supertamade.co.jp/index.html

そういうわけで、今回は今まで紹介しそびれたスーパー玉出のお店や激安惣菜・メニューの話などを。
(もしかしたら先日味わったのが食べ収めになるかもしれないと思うと、たとえ激安惣菜でも少々寂しい)

※「野菜たっぷりちゃんぽん(168円)」など微妙なネーミング&激安なメニュー探しが西成観光の魅力だっただけに…。
IMG_tamade_champon


●ヒマワリ一杯のスーパー玉出(今池店)
スーパー玉出のシンボルといえばヒマワリ。
(店の看板は黄色だし、公式サイトのデザインにもヒマワリが入っている)

というわけで、店先の駐輪場の壁面にはこんな感じで笑ってるヒマワリが多数描かれている。
(後ろには虹と太陽と青空と雲、さらに白鳥と飛行機、そして青いゴリラ(?)と独特の美的観念を感じずにはいられない)
IMG_tamade_wall1

そしてこの絵を左の方にずらしていくと、キリンにチョウチョ、竪琴を弾くフクロウ、郵便カバンを運ぶカモメなどよくわからない動物達が並んでいる世界観なのだが、その中にあまり名前を出せない某国際的キャラクターの黄色いクマが混じっていた。
(ハチミツ好きで最近はホームランも打つあのクマと思われる。一応顔は隠させて頂いた)
IMG_tamade_wall2-2


黄色いヒマワリの中に自然に混ざっているのでともすれば見過ごしそうな感じだったが、いろんな意味でフリーダムな西成ならではだろうか。
(某ホウレン草好きなキャラが看板に描かれたゲーセンもあったが…以下リンク参照)

 珍ゲーセン巡り・大阪ミナミ・西成ドヤ街のゲーセン
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/66945901.html


●野菜たっぷりちゃんぽん(168円)
その今池店で購入したのがこちらの「野菜たっぷりちゃんぽん」。
(168円…の20円引きシール付き。「野菜たっぷり」というネーミングが少々気になるが)
IMG_tamade_champon

商品名の通り、どんぶりを埋め尽くすように白菜・タケノコ・ニンジンなどの野菜が入っているほか、ウズラの玉子も4,5個位入っていてかなりのボリューム。
(その下の麺も結構な量で、●ンガーハットに負けてないレベル?)
IMG_tamade_champon_in

ご丁寧にコショーも付いてるので、半分くらい食べた所でこれをふりかけて、一気に平らげた。
(店により置いてあったりなかったりするが、こういう安さ爆発・コスパ爆発のメニューこそ玉出らしいと思う)




●1円セールチラシ
玉出でもう1つ、忘れてはならない名物が衝撃の「1円セール」。

お買い上げ1000円以上で特定商品(この例だと豆腐2丁や玄米茶など)が1円になるという夢のような夢じゃない話。
(その下に置いてある日経新聞との落差がすごいが…以下ホテルに泊ると新聞・チラシが備え付けられていた)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山 北館」(1泊2200円~)へ再び(3)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064843549.html

IMG_tamade_nikkei

さらにチラシをよく見ると、左下の「ソルティすいか」のメーカー名が「有名メーカー」としか書かれてないのも気になった。
(「バヤリースオレンジ」は「アサヒ」、「メロンパン」は「ヤマザキ」など他はちゃんと書いてあるのだが)

ロゴから見る限りケチャップでおなじみのデルモンテ製らしく、海外メーカーなので気を使ったのかもしれない。
(見た目いかにも激安自販機行きになりそうな品ではあるが…)

 ついに水素水も闇落ち…西成ドヤ街の激安自販機(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21015535.html

※なお、最新のチラシは公式サイトでも見れるので、行く前にチェックして見るのもいいだろう。

 スーパー玉出チラシ情報 _ 大阪の激安スーパー玉出
 http://www.supertamade.co.jp/sales/handbill/index.html


ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜。2017・冬)

先日、またドヤ街に泊った時に食べた物の話を。
(約9ヶ月ぶりに来ると色々期待の新メニュー(惣菜)が出ていた模様)

 関連記事:ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜・2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16525515.html

●「??ごはん」シリーズ
xIMG_20171210_192950

前回ネタにした「とりめし」「鮭ごはん」に続き、白飯の上に具材を乗っけただけのシンプル&ワイルドな「??ごはん」のバリエーションが増えていた。

左側、白飯に緑の粒粒グリンピースが混ざったのが「豆ごはん」。

右側は上から順に、

・豚肉とタマネギの炒め物が白飯に乗った「豚肉ごはん」。
(紅ショウガが乗ってるので牛丼チェーン店の「豚丼」を思わせる)

・明太子とタクアンが乗った「明太子ごはん」。

・多めの昆布と梅干しが乗った「昆布ごはん」。
(値段はいずれも1パック100円という安さで、胃袋だけでなく財布にもダイレクトに訴えてくる)

見た目は完全に犠牲にして、純粋に量を求める方向けかなと思う。
(「豚肉ごはん」に心惹かれたが、この日の宿に電子レンジがなかったため見送った。
 買ったばかりの品でも、せめて1分くらいはチンしてから食べる方がなんとなく安心感がある)

●ポテトチップス、コロッケなど
xIMG_20171210_193021

続いてこちらのパック入りの「ポテトチップス」(写真上側)。
おそらく普通にジャガイモをスライスして揚げた手作りのポテチと思われるが、この量で100円は西成では高級品の部類?
(量的には上記の「??ごはん」と同じ量(同じパックだから)とはいえ…手作りゆえの高級?)

ちなみにその下には「野菜入りおやつコロッケ(4個100円)」、「玉子の天ぷら【味付】(100円)」が並んでいて、ボリューム的にはこちらの方がお得そう。
(「これはうまい!」なんてシール付きとあっては…。でも正直、「●円引き」シールの方が良かったが)


…といろいろ悩んだ挙句、結局この日買ったのは安定の「おにぎり(2個98円)」と「ネギトロ巻(228円)」。
部屋内にテーブルなどがない宿だと、箸なしで手軽に食べられる物が便利という結論となる。
(上記の「??ごはん」と「おにぎり」のご飯の量を比べると、握る手間と海苔の分がパックの隙間部分の白飯と入れ替わる計算になるのだろうか…栄養的には「??ごはん」の方が上かも)
xIMG_20171210_200127

※なお、JR新今宮駅周辺には3軒のスーパー玉出があるが、これらの品はJR線沿いにある「新今宮店」で買ったものということを付記しておく。
 (惣菜の品揃えは店によって結構ばらつきがある模様)

 新今宮店 | 店舗情報 | 大阪の激安スーパー玉出
 http://www.supertamade.co.jp/store/14_shiimamiya.html



ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜。2017・春)

先日、またドヤ街に泊った時に食べた物の話を。
(この春も色々期待の新メニュー(惣菜)が出ていた模様)

 関連記事:ドヤ街の食事(スーパー玉出の100円たぬきそば(関西風))
 http://doya-gai.blog.jp/archives/12540104.html

●「骨なしライドチキン(原文ママ)(100円)」
ried-chikien

売り場で珍品を探していて見つけた一品。
そこそこ大き目の平たいチキンが2つ入って100円と食べ応えがありそうでお得そうな「期間奉仕品」なのだが、ラベルをよく見ると「フライドチキン」でなく「ライドチキン」となっていたのが気になるところ。
(「フ」が無くて「腑抜けなチキン」(「骨なし」で骨抜きな上に)とか、「フライド」に1文字足りず「生焼けチキン」という意味が込められてるなんてことはないと思うが…)

※食べる前から値札でも驚かせてくれるのは激安自販機の値札を思わせる。

 1本30円~西成ドヤ街の激安自販機(2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/14855896.html

●「とりめし(100円)」など
xIMG_tori-meshi

その近くにあった「とりめし」(写真左側)。
白飯の上にタレがたっぷりかかった鳥唐揚げを2個乗っけて「とりめし」というワイルドな一品。
(駅弁などでよく聞く「鳥めし」ではなく…)

純粋に「肉と飯」でごはんを頂きたい方にオススメかと思う。

ちなみに写真右側に並ぶのは、白飯に鮭フレークがたっぷりかかった「鮭ごはん」や鰹節がかかった「かつおごはん」など。
プリミティブな旨さと量を求める方好みの品ということだろうか…。


そして色々迷った挙句、この日の夕食は定番の「おにぎり(2個98円)」と自販機で買った「澄みきるグレープサイダー(50円)」とした。
(迷った時は安さか量優先で選んでおけば後悔はないという判断)
xIMG_onigiri

以前「特選おにぎり」というのもあった気がするが、今回のおにぎりは具がカリ梅干しと昆布で平凡だったので
「特選」が取れたのかもしれない。

 ドヤ街の食事(2015・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1214516.html

※なお、この日泊まったのは以下の宿。(1泊1400円に夕食約150円と、なんとも安い宿泊)

 安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1051969735.html


といったところで以上。

この時は1泊だったためあまり食べられなかったが、また連泊した時にあれこれ食べ尽くしてみたいものである。
(さすがに惣菜を持ったまま旅先で移動というのは厳しいものがあるので…)


オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)