ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

東京ドヤ街

山谷の家賃35000円アパート(東京メトロ日比谷線・南千住駅)(2016年2月)

先日の山谷散歩ついでに見つけたアパート(以下リンク)。
(細い商店街を進んだ先の住宅街の一角にあった。
 ドア上の住所表示は「東京都足立区南千住 5-31-7」)

 山谷・いろは会商店街を歩く(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1879514.html
 JUGEM PLUS

入口のドアには以下の貼り紙。
(不動産業者の名と電話番号も書かれてたが、一応伏せた)
P1210096-2

「空室あり 6畳 日当たり良好」
「家賃 35000 権利 0 敷金 0」
「冷蔵庫あり 生活保護者OK その他相談に応じます」

築年数や風呂やトイレがどうなってるかは不明。
(ドヤ街の安宿のようにトイレや水周りが共同かもしれない。最悪、風呂はなくて銭湯かも?)

ちなみに横からアパートの全体像を見るとこんな感じ。
(住人が布団などをミニベランダから干していたりと、昭和の風景)
P1210097

「東京駅から20分、駅から歩いて5分」の立地を思えば、多少古め・不便でも35000円は安い?
(セカンドハウスにするなど、使いようによっては意外と快適かもしれない)


山谷・いろは会商店街を歩く(2016年2月)

前回の続きで、いろは会商店街の中を歩いた時の様子を。

 久々に東京のドヤ街・山谷を散歩(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1641604.html

●あしたのジョー・矢吹丈の像
xP2600039

いろは会商店街のアーケードを抜けた先に立っている。
(トリケラトプスの角のようにも見える頭のトゲトゲがなんか痛そう)

横から見れば原作やアニメでおなじみの姿(以下参考画像)を忠実に再現した感じの像なのだが、正面から見ると上の写真のようになる。
((スネ夫や花輪君のような)特徴的な髪型をモデル化するとこうなるというのは斬新)

●路上から立ち上がった丹下段平(看板)
xP1210111

以前の記事(以下リンク)で歩道上に打ち捨てられていたのをネタにした丹下段平(看板)だが、この時は商店街の中でしっかり元通りに立っていた。
(「立て、立つんだ、丹下!」の願いが通じたのかもしれない)

 続・東京のドヤ街・山谷を歩く
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-479.html
 レゴブロック

なお、他にも子供時代のジョーの姿の看板などもあり、マンガのファンの方ならより楽しめるだろう。
xP1210114

●活気のあり過ぎるお店
xP1210116

平日の昼下がりということでシャッターを閉めた店が結構あるが、元気に営業している個人商店も多い。
こちらの写真では、開いてるお店が商品の乗った棚を左隣2軒分まで並べ出していたりとカオスな感じもあって面白い。

●役に立っている看板たち
xP1210119

別の雑貨店の店先。
ジョーの子分(?)っぽい子供たちが描かれた看板だが、売り物のカレンダーが掛けられていて、まるで子供たちがお店を手伝っているようだった。
(適切な使い方なのかはともかく…ちなみに「平成28年カレンダー 600円」が350円とセール価格になっていた)

また、近くの酒屋さんでは丹下段平が酒の広告を首からぶら下げてサンドイッチマン状態だった。
(「赤霧島」は段平のお気に入りなのだろうか。自転車に挟まれているのが辛そうな体勢)
xP1210120


ジムの経営が苦しいのか、あるいは年金の減額で死ぬまで働かないと食ってけないという老後の現実?と思うと、なんとも皮肉。
(この町だと余計リアリティを感じる)

久々に東京のドヤ街・山谷を散歩(2016年2月)

今回は久々に東京のドヤ街・山谷界隈を散歩した時の話を。
(前回行ったのが2014年6月頃で、かれこれ1年半ぶりだった)

 続・東京のドヤ街・山谷を歩く
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-479.html

●南千住駅近くの商店街
xP1210095

山谷の最寄り駅である南千住駅の近くには昔ながらの商店街が随所に残っている。
商店街の細い通りを進んでから駅の方を振り返ると、駅付近の新築高層マンションと昔からの店舗兼住宅の対比が印象的。
(商店街の定番・道の両側に飾られた「造花っぽい何か」も哀愁を誘う)

●増税などで安宿も値上げ?
xP1210104

南千住駅を出て鉄道の高架をくぐり、駅の南側の山谷を目指す。
その途中の大通り沿いに点在する安宿の1つ。

「冷暖房完備」がウリな昔ながらの宿だが、よく見ると料金が「\2200」と紙が貼られていた。
もしかしたら山谷にもホテルの「爆買い」的な波(による値上げ)が来ているのかもしれない。
(実際の所は、主な原因は物価高や電気代値上げや消費税増税あたりと思われるが)

●新しいめのホテルも
xP1210105

その近くにあった新築風のホテル「アクセラ」。

1泊3450円、連泊なら3250円と周囲の古くからの安宿に比べればやや高めに感じるが、
「東京駅から電車で20分、駅から歩いて5分ちょっと」の立地でこの値段は冷静に考えれば安い?
(土地柄は置いといて…ホテルの詳細は以下)

●いろは会商店街
xP1210107

山谷の中にある古めかしいアーケード街で、まだまだ「あしたのジョー」推しの商店街。

よく見ると、入口の垂れ幕が前に来た時(以下リンク)と違い、ジョーから丹下段平に変わっていた。
(「ジョーのやつ さっきまでそこにいたんだが…」とストーリーを感じるセリフもなんかいい)

 東京のドヤ街・山谷を歩く
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-393.html

なお、平日の昼間だったが、近くの道端では中年~老年っぽい男性が何人かだべっていた。
(道の右側、フレームアウトした部分にいた。前回も書いたが、まさに「孤独のグルメ」原作1巻1話で出た世界)

孤独のグルメ (扶桑社文庫)

中古価格
¥85から
(2016/2/27 10:14時点)



※カメラを向けただけで怒られる危険もあるので、彼らからは距離を置き、あくまでジョーを見に来た観光客を装って行動した。

商店街の中の様子はまた次回。

東京のドヤ街・山谷の写真(その他)

久しぶりにドヤ街の記事ということで、今まで載せ切れなかった東京・山谷の写真を。
暑さが一段落してきたので、近々また行ってみたい。
(2013年10月以降に撮影したもの)

●南千住駅前の雀荘
1fb419e2.jpg

南千住駅から山谷方面へ向かう途中にあった古めかしい雀荘。
今も営業しているのかは不明だが、右のドアの「娯楽の殿堂・麻雀」という響きがなんとも懐かしい。
(ドアの下には「全自動麻雀卓・雀夢」という貼り紙も。30年くらい前?)

また、左の戸(勝手口?)に無数に書かれた「引く」「ひく」という字もちょっとホラーっぽくていい。
(何度注意しても戸を押す人が多かったものと思われる)

●うち捨てられた丹下段平(看板)
P2600019.jpg
以前の記事で「あしたのジョーのふるさと」で町おこしをしてると書いたが、キャンペーンが一段落したためか、丹下段平の立て看板だけがいろは会商店街の近くの歩道上に打ち捨てられていた。
(「立つんだ、丹下」と言いたい所だが、それを邪魔するかのように放置自転車が止められているのが涙を誘う)

 東京のドヤ街・山谷を歩く
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-393.html

●外国人対応の店?
45952b29.jpg

いろは会商店街にあった国際電話カードや中国書籍などを売るお店。
この界隈では外国人の団体客をちらっと見かけたが、意外と繁盛しているのかもしれない。

●謎の100円遊具
P2600030.jpg
いろは会商店街から横の路地に入ったところに放置されていた遊具。
(デパート屋上によくある、100円を入れると動くものと思われる)

台座や人形の痛み具合から、今も稼動するかは不明。
(何のキャラかもよくわからない。何となく手塚治虫キャラっぽいが)

●玉姫稲荷神社
a0f6647c.jpg

南千住駅から南東方向、いろは会商店街とは反対方面に歩いたホテル街・住宅街の中にある神社。
(野宿者の集まる公園の近く。普段はほとんど参拝客はいない)

この界隈では比較的大きめの神社で、町おこしに協力してか、ここにもあしたのジョーの立て看板があった。
(写真左、ジョーとヒロインの看板がある)

ちなみに、写真の本堂の賽銭箱の手前には銀色のシャッターが付いているが、これは賽銭の盗難防止用で、夜は固く閉ざされるものと思われる。

一般的に金運のご利益のある稲荷神社が山谷にあるというのも、なんとも皮肉な感じがする。
(少しの初期資金があればホームレス・ワーキングプアから抜け出せる人もいるだろうに、その金が本当に必要な所に回らない国、日本…)

オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)