ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

東京ドヤ街

東京ドヤ街散歩・山谷・いろは会商店街へ(2017年2月)

今回は、東京のドヤ街・山谷界隈を散歩した時の話を。
(先日の以下の記事の続きで、JR南千住駅から南下していろは会商店街の近くまで歩いた所から)

 東京のドヤ街・山谷を散歩(2017年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/15314141.html

※商店街の出口(吉原側)ではあしたのジョーが待っている。
 帰りに一杯やっていくかって感じにも見えるのがいい感じ。
xP2230064

●いろは会商店街・入口
IMG_iroha

1年ぶりに来た商店街。
入口の「ジョーのやつ さっきまでそこにいたんだが…」や
その隣の「山谷は日雇い労働者の街 再開発反対!」の抗議の垂れ幕など、前回来た時とほぼ変化ない感じ。

 (前回)久々に東京のドヤ街・山谷を散歩(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1879514.html

なお、ちょうど見切れてる(写真中央下端に頭だけ見える)が、平日の昼下がりでも中年~老年っぽい男性が何人か地べたに座ってだべっていたのも変わらずだった(人は入れ替わったかもしれないが…)。

●車両通行止めの「あしたのジョー」看板
IMG_joe_kanban

商店街の中は午後3時~8時は「車両通行止」で歩行者天国となるらしく、看板でも「あしたのジョー」推し。
(この時はまだその前の時間だったため、たまにアーケード内を車が通り去っていった)

●電柱に磔にされる丹下段平
IMG_danpei_tate

前回、サンドイッチマンをする丹下段平を紹介したが、アーケード内のほかの場所にも段平の看板が立っていた。

 サンドイッチマンをする丹下段平など(2017年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/19229232.html

ぱっと見、昼下がりの商店街を散歩するおじいちゃんという感じで風景にマッチしている感じなのだが、よく見ると普通の立て看板ではなく、頭部分にテープが巻かれて電柱に磔にされるようになっていた。
(老人ホームで徘徊防止のためベッドに縛り付けられる高齢者をふとイメージしてしまい、少々気分が暗くなった)


●足が削られた子供の看板
xP2230066

商店街にあったまた別の看板。
「あしたのジョー」に出てくるキャラ(名前は不明)の看板で、道端で子供たちが遊んでる昭和の風景を再現してる感じでいい雰囲気…

と思いきや、よく見ると左下の足の部分がスパっと切られていた(削られた?)のがシュールだった。
(商店街の中を車が通るので、柱から足がはみ出してると事故の危険があるからと切ったのだろうか…事故で足を失ったようにも見え、「交通戦争」と言われた当時を思わせるようでちょっと物悲しい感じも)

●出口にはジョーが待っている
xP2230064

商店街を吉原方面へ抜けた先には等身大の矢吹丈がいる。
(この角度だと写真左の居酒屋で一杯やっていくか、って感じにも見える)


この後はその先の吉原方面へと行くが、それはまた後日。



山谷風景・いろは会商店街でサンドイッチマンをする丹下段平など(2017年2月)

半年ほど前(2017年2月)に東京・山谷のいろは会商店街へ行った時、酒屋でサンドイッチマン風の丹下段平(あしたのジョー)の立て看板を見かけた。
P2230062

実はこの1年前(以下記事)にも同様にサンドイッチマンをしていたのだが、広告が変わっていて引き続き有効活用(?)されているようだった。
(前回は「赤霧島」。今回は「おいしい 酒粕 入荷しました」に変更)

 山谷・いろは会商店街を歩く(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1879514.html

最近は年金不足で定年後も労働を続ける高齢者(「老人」はなんだか禁止用語らしいのでこの言い方)がいるようだが、段平もその1人なのだろうか…と思うと世知辛さを感じる。
(ジム運営って自営業だろうし)



また、その近くで見かけたこちらのお店「大唐中国物産」。
P2230058-2

数年前に来た時(以下記事)も同じ感じのたたずまいだったのだが、シャッターが閉まっていて営業しているのか不明だった。

 東京のドヤ街・山谷の写真(その他)
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-529.html
 【GMOクラウド ALTUS】

看板には「激安・国際電話カード」とあり外国人観光客向けらしいイメージ。
…と思いきや、「ビデオレンタル」ともあり、山谷住人のためのお店でもあるのかもしれない。

他にシャッター横のドアにある貼り紙を見ると

「月極貸室53700円 保証人不要 快適な個室」
「完全個室(カギ有り) 自炊できます エアコンテレビ有 広さは洋室4畳」
「入居者募集中」
「入館料1000円」

とあり、アパートにもなっている模様。
(連絡先電話番号もあるが、繋がるかは不明)

先日紹介(以下記事)の35000円のアパートよりは高いが、「保証人不要」な点が価格差の理由だろうか。
(安宿同様にアパートも幅広く揃っているようである)

 山谷の家賃35000円アパート(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/2186028.html


東京・山谷の1泊1700円の安宿(?)(南千住駅)

先日の山谷散歩(以下記事)ついでに見つけた格安宿の話を。

 東京のドヤ街・山谷を散歩(2017年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/15314141.html

こちらが宿の外観。
xP2230048

建物の表面は枯れ草のようなツタがびっしり。
さらに左側はビニールシート、右側は樹木で覆われていて、どこが窓か入口かもぱっと見はわからない状況。
(鉄のパイプか足場でも囲われていて、改装工事中のようにも見える)

しかし、かろうじて写真中央に「いなり」と書かれた看板が見える。
(ぐぐると「いなりや」という名前らしく、数年前の時点で他にも紹介しているブログ(以下記事、一例)がいくつかあった)

 山谷・いなりや - DEEP案内不動産部
 http://e.deepannai.info/sanya-inariya/

そして、看板の下の柱に掛かっていた看板がこれ。
(赤字と黒字で重ねて書かれている所に試行錯誤を感じる。文字が消えかかったので二重に書いた?)
xP2230049

「空部ヤ あります」(原文ママ)
「自炊できます」
「一泊 ¥1700」

とあり、いわゆる簡易宿所タイプの素泊まりドヤ宿と思われる。
(大阪・西成にもこの手のホテルは多く、自炊用のキッチンスペースがある。以下は一例)

 安宿旅行記・大阪・西成「ビジネスホテル 加賀」(1泊1700円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1064006478.html
 安宿・大阪「ビジネスホテル 喜久家」(1泊1400円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1068605701.html

最近の山谷(JR南千住駅周辺)では周囲の宿の相場が2000円台から(小綺麗なビジネスホテル風の新しい宿で3000円台の所も増えている。以下は一例)なので、安い宿をお探しなら試してみるのも面白いかもしれない。









東京のドヤ街・山谷を散歩(2017年2月)

今回は久々に東京のドヤ街・山谷界隈を散歩した時の話を。
(前回行ったのが2016年2月頃で、かれこれ1年ぶりだった)

 久々に東京のドヤ街・山谷を散歩(2016年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/1641604.html

●公衆電話とテレカ販売
xP2230045

写真の上の方に「テレホンカード格安販売中!50度数 350円」の貼り紙。
(ちなみに大手金券ショップでも同じくらいの値段の模様)

 アクセスチケット テレホンカード50度数10枚セット
 http://www.access-ticket.com/shop/products/detail.php?product_id=311

いまどきは携帯電話も通話し放題プランなどがあり公衆電話の方がむしろ通話料金は高くつくケースの方が多そうだが、諸事情で携帯電話のない山谷の住民には重宝するのかもしれない。
(公衆電話の下には「募集・雑工 土工 日払い ¥11,000」とあるのも、さすが日雇い労働者の町という感じ)

●南千住駅・北口近くにあった松尾芭蕉の垂れ幕
xP2230034

この日もいつも通り、JR南千住駅から南へ歩いて山谷へと向かった。
山谷と反対側の駅北口には新しめの商業ビルなどが建っていたりと南口とガラリとイメージが違うのが面白い。
(「奥の細道」で俳人・松尾芭蕉が通った「千住宿」があったことにちなんだ観光アピールっぽい垂れ幕もあった)

●タイル屋の「ご自由にお持ちください」
xP2230038

南千住駅から山谷へ向かう途中にあったタイル屋さんの店先。
ケースの中に何種類かタイルが入っていて「ご自由にお持ちください」とあった。
(山谷といえば現場作業をする日雇い労働者が多いだろうから、彼らならこのタイル片も活用できるのかもしれない)

●駅前通りのパブスナック
xP2230043

駅前通りの交差点角に堂々とこんな感じのパブスナックがあるのも山谷ならでは?
(「交心」。酒を酌み交わすついでに「心を交わす」という感じだろうか。しかしシャッターには「交友」と違う店名が書かれてるのが気になるところ)


まだ歩くが、続きは後日。


オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・新今宮駅前から飛田新地方面へ(2018/12)
  • 大阪西成探訪・新今宮駅前から飛田新地方面へ(2018/12)
  • 大阪西成探訪・新今宮駅前から飛田新地方面へ(2018/12)
  • 大阪西成探訪・新今宮駅前から飛田新地方面へ(2018/12)
  • ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出(今池店)の惣菜・2018/12)(3)
  • ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出(今池店)の惣菜・2018/12)(3)
  • ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出(今池店)の惣菜・2018/12)(3)
  • ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出(今池店)の惣菜・2018/12)(3)
  • にしなりくんは生きていた…大阪・西成観光マップ事情(2)