今回は、西成ドヤ街を散歩した時に見かけた風景写真などを適当に。
(以前の記事の続きで、動物園前一番街を南下した後の話。以下の宿に泊まった日の翌朝)

 大阪西成探訪・動物園前一番街を歩く(2018/12)
 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ(2018/12)


●年季の入ったアーケード
屋根のトタンの色あせ具合や電灯の形(支柱の微妙な曲がり具合)に時代を感じる。
右の「フードショップ マナベ」という看板の表現も微妙でいい感じ。
osaka_nishinari_old_arcade


●ロングセラー商品?とキャラクター
途中にあった激安自販機。
(西成といえばこれのチェックは欠かせない)

 大阪西成探訪・萩ノ茶屋駅の酒自販機を1年ぶりに見に行く(2018/12)

「ロングセラー商品!」と値札の付いた「ぐんぐんグルト(100円)」だが、そこに黒く描かれたシルエット(特徴的な髪型から、日曜夜の魚介系家族アニメのキャラと思われる)の歴史から見たらまだひよっ子だろうか。
(ぐんぐんグルトは2016年からの発売らしい)
osaka_nishinari_sazae


●新開筋商店街とハルカス
途中でアーケード街を東へと曲がって進み、新開筋商店街を抜けると、その先には高層マンションとあべのハルカスが聳える。
古めかしいアーケードから一気に世界が変わった感じ。
(「あべのマルシェ」と言う看板が見える。朝8時頃ということで付近には通学する子供なんかもいた)
osaka_nishinari_abeno


●外貨両替機と英語マップもある飛田新地
アーケード内に戻ると見つけた看板。
飛田新地エリアの門の場所や通り(大門通りなど)の名前が英語で示されてて、外国人でも歩きやすくなっている模様。
(複数通貨に対応した両替機の場所も示されてるが、何のためのお金を用意するというのだろうか…)
osaka_nishinari_tobita_shinchi_map