ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

2013年08月

大阪・ドヤ街宿からの周辺観光(大阪周遊パス・前編)

ドヤ街の宿に連泊しての周辺観光。
今回は大阪周遊パス(2000円)で大阪市内を観光した時の写真をあげてみる。
(大阪市内の大半の私鉄・地下鉄が乗り放題、また、代表的観光施設に無料で入れる優れもの)
ということで、今日はパスで入れる観光施設が多め。

 大阪周遊パス・公式サイト
 http://www.osaka-info.jp/osp/jp/

●9:20 阿波座駅・10円自販機
駅から中ノ島方面に歩いて15分位、川を渡った大阪市中央卸売市場本場近くの路地にある。
賞味期限切れが近い缶ジュース、ペットボトルを安く売っていて、期限以外の品質は問題なし。
(ただ、味はともかく…。「カレーリゾット」といいつつ米の代わりにこんにゃくが入ってる。蒟蒻麺を使うラーメン缶のようなものか)
NEC_0004.jpgNEC_0007.jpg

●10:00 大阪ビジネスパーク駅・水上バス
大阪城公園のそばに乗り場がある。
キタの中心地の街並みを眺めながらの川遊び。
(天神橋そばの噴水も間近で見れる)
船上から見る水面がわりときれいに見えたり、低い橋をくぐる時に船の天井も低くなる仕掛けがあったりと、なかなか面白い。
NEC_0010_20130818114056cef.jpgNEC_0026_20130818114056ee3.jpg

●11:40 心斎橋駅・道頓堀で昼食
大阪名物お好み焼き「定食」。
店員の焼いたお好み焼きに、ご飯・味噌汁・おしんこがついて立派な定食になっている。
粉物をオカズにするのはなかなか新鮮。
NEC_0041.jpgNEC_0043_201308181140542e4.jpg

●13:10 大阪港駅・天保山大観覧車
平日昼間で行列もない中、1人で乗ってみる。
(さすがに休日で人が多い時だと、並んで乗る勇気はない)
何年かぶりの観覧車だが、対岸のUSJの敷地内や、遠くの海に架かる赤い港大橋などもよく見え、結構スリリング。
NEC_0075_20130818114228820.jpgNEC_0059.jpg

●13:50 観光船サンタマリア
観覧車のそばに乗り場があるのですぐ行ける。
こちらは平日昼間でもそこそこ人がいて、船首付近は結構な人出。
(大航海時代などかつての栄華を思い出すのか、外国人が多め)
港周辺をのんびりと船旅。さっきの赤い港大橋を下から眺めたり、同じ港の風景でも飽きずに楽しめる。
NEC_0083_20130818114227829.jpgNEC_0096.jpg

※長くなるので後編(以下リンク)へ続く。(この時点で元はとった(2000円)はず)

http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-263.html

大阪・ドヤ街から行く周辺観光(兵庫・新長田・明石編)

ドヤ街の宿に連泊して関西のあちこちを旅した時の写真をあげてみる(2011年)。
1日でこんな感じで回れるという参考になればと思う。
(18きっぷや夏休みシーズンのせいなのか、ドヤ街関係の記事がよくアクセスされるので)

・8:40 新今宮から新長田駅へ(JRで1時間くらい)
朝のラッシュが終わる頃、かといって遅すぎない時間に宿を出て動き出す。
(以前もちょっと記事にした、大阪環状線の途中で見かけたUSJ仕様の電車。この日はスパイダーマンだった)
NEC_0001_2013081011170607f.jpg

・9:40 新長田駅・鉄人28号と三国志のまち
この地に縁のある作者(横山光輝先生)にちなみ、駅のそばの広場に「鉄人28号」の巨大モニュメント、そして商店街各所には「三国志」関連の銅像、資料館、コスプレ写真(?)等がある。

 関連記事:鉄人28号モニュメント
 http://18kipper.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

tetsujin.jpgNEC_0006_20130810111709131.jpg

・12:10 舞子駅・明石海峡大橋
駅のすぐそばに橋があり、その向こうには視界一杯の海が広がり淡路島も見える。
有料で橋の内部に入ることができ、高い橋の上からはるか下の海面や浮かぶ船を眺めることができ、浮遊感とスリル満点。
NEC_0017_201308101117135ca.jpgNEC_0031_20130810111710479.jpg

・13:50 明石駅・明石城、明石焼き
駅からよく見える明石城。
長く伸びた城郭の上に上がれば、さっき見てきた明石海峡大橋まで見渡せる展望スポット。
その後は港近くの古い商店街を歩いて、何軒か並ぶ明石焼きの店で小腹を満たしたり。
(たこ焼きよりふわふわな生地で、ツユにつけて食べる)
NEC_0064_201308101118411c3.jpg

・16:10 帰宅
その後、港の方へ足を運んだりしているうちに16時頃になったので、帰宅ラッシュになる前に新快速に乗って寝床(新今宮駅)へ戻る。
(それでも学生の帰宅時間にはぶつかるけどやむなし)
連泊の旅では無理は禁物。明日もあるので、腹も足も何事も腹八分で。
NEC_0044_20130810111845316.jpg

大阪に戻ったら、コンビニで普通に売ってるお好み焼きと焼きそば盛り合わせ(関西限定?)で、テレビ見ながらささっと夕食。
旅先では夕方のニュースの地元コーナーの映像につい見入ってしまう。
NEC_0003_2013081011184569a.jpg

大阪・ドヤ街の宿より狭い「脱法ハウス」/もっと安い宿は?

大阪の「脱法ハウス」がニュースになっている。
http://mainichi.jp/select/news/20130802k0000m040125000c.html

ニュースの個室はカプセルホテルのような形で、
約2.5畳で高さ1.2m、窓なしで、月の賃料は29800円+光熱費は5000円。
(30で割ると1泊1200円位)

ドヤ街の宿に泊まったことのある自分からすると、割高というのが率直な感想。
(ただ、件のシェアハウスの場所が「北区」とあることから、立地の点で西成(ミナミ)より高いのかもしれない)

 関連記事:ドヤ街の宿の特徴
 http://doya-gai.blog.jp/blog-entry-200.html

ドヤ街の宿は、約2.5畳~3畳で、高さは普通に立てる高さ、窓あり。

宿泊料金はネット予約できるところで1泊1300円~。(30日で39000円)
連泊すれば割引で、さらに安くなるところもある。
(以下は一例。「宿泊プラン」の下の方に連泊の価格が出ている)

さらに、現地予約のみの宿の中には、1泊1000円以下の看板を出している部屋もある。
(泊まる勇気がなかったので詳細は不明)

 (参考)1泊500円で泊まれるホテルに宿泊してみた / 大阪西成区
 http://rocketnews24.com/2012/07/02/226312/

ちなみに、少し上のランクの安い宿・ウィークリーマンションではこんなのもある。
普通のビジネスホテルのシングルクラスの部屋が1泊1900円~。
(電話予約で連泊すると、連泊割引で30日45000円位になる場合も(ホテルにより価格体系は異なるので注意))

ここは全国チェーンだが、古いホテルを改装して営業していて、地域により内装が異なるのが面白い。
(写真はウィークリー翔・富山の1泊1900円の部屋。バストイレは共用)
P2010125.jpg

こういう質素な部屋に連泊して、現地住民の気分で生活・周辺観光というのも悪くない過ごし方かもしれない。
(西成の宿だと、大阪市内の他、電車に乗ればすぐ神戸・奈良・京都辺りまで行けるのも魅力)


オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)