ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

大阪西成探訪・ドヤ街宿に置かれた本棚の中身をチェック

今回は、自分が泊まった西成の安宿の中に置いてある本棚(宿泊中の暇つぶし用に置いてあるマンガ本など)の中身をチェックしてみた話を。
(宿の中の細かい部分を観察すると、地域性や宿泊客の側面などが色々見えてきて興味深い(以下参考記事))

 安宿旅行記・宿の写真で振り返る格安ホテルの思い出など(2)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073564938.html

西成住民の意外な嗜好が見える一方、宿のイメージが一変するほどの本のラインナップだったこともあったりと意外と奥深かった。

※宿によってはホテルの管理物でなく、単に廊下においてあった本というだけで、過去に泊まった人が置きっぱなしにしただけのケースもあるかもしれないことを付記しておく。


■ビジネスホテル福助
各フロアの廊下の隅っこに本棚が置いてあるが、冊数はまちまちで10冊程度の本がそれぞれの段に平積みされていた。
(参考までに、宿の詳細(よそいき風のレポート)は以下)

 安宿旅行記・大阪環状線・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html

まず、男の話題(?)として欠かせない、パチンコ雑誌、車雑誌「ベストカー」、そしてギャンブル系の新書の定番「ツキの法則」があった。
(現場作業に出る西成住民の話題のネタなのかとも思ってしまう。俗に言う「工場やドカタ仕事だと、休憩時間や飲み会で出る話は車・ギャンブル・女の話ばっかり」ってやつ。今なら車がソシャゲとかに変わってそう?)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_books2



また、少年ジャンプの数ヶ月前の号が飛び飛びに置かれていた。
(質素な3畳一間で一泊ということでとりあえず時間はあったので、ハンター×ハンターの文中の長い説明をじっくり読んでみたり…じっくり読んでも理解し切れなかったが)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_books1

そして驚いたのがいわゆる「萌え系」と言われる4コマ雑誌に同人誌が置いてあったこと。

「まんがライフ」はなんとなく見覚えがあるが、真ん中の「××××(一応伏字)海未ちゃん総集編」はぐぐったところアニメの「ラブライブ!」の同人誌の模様。
(おそらくホテルの管理物ではなく、宿泊した方が置いてった本と思われる。西成から通天閣まで歩き、さらに北へもうちょっと歩くとこういう同人誌店が多い日本橋オタロードがあるが、住民がそこで買ったのだろうか…)
IMG_osaka_hotel_fukusuke_books3


■パークイン(PARK INN)
入口近く、フロントのそばのテーブル上に雑誌や小説などが置かれていた。
(宿の詳細は以下)

 安宿旅行記・大阪環状線・新今宮駅「パークイン(PARK INN)」(1泊1400円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073276801.html

少年ジャンプは定番として、コンビニコミックの「味いちもんめ」(一冊だけぽつんと)、そして文庫本の「たそがれ清兵衛」と、なんとも(良く言えば)バラエティ豊かなラインナップが、様々な境遇の人々を飲み込む西成を象徴している感じ。
IMG_osaka_hotel_parkinn_books


■ビジネスホテル来山北館
今回、一番驚かされたのがこちらのホテル。
(宿の詳細は以下)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073757258.html

ホテル1階のラウンジスペースにくつろぎながら読める本棚がいくつかあるのだが、蔵書が図書館かネカフェ並みと言ってもいいほど充実している。
(右下の方には「風の谷のナウシカ」なんかも見える。本の上に置かれたオセロゲームのコマが全部黒だったのもちょっとシュール)
IMG_osaka_hotel_raizan_comic1

「ジョジョ」など有名作品や西成住民向け(?)にギャンブルマンガの「賭けグルイ」、普通の少年漫画っぽい「月刊少女野崎くん」など、年代もジャンルもとにかく豊富。
IMG_osaka_hotel_raizan_comic2

さらに専門書っぽい大判本も多数置いてあるのだが、「下級生・完全ガイド」など昔のパソコンゲームのガイドブックや「機動戦士ガンダム・モビルスーツ大全集」などメカの設定資料集、フィギュアの専門誌(?)「レプリカント」など、ここはブックオフか?と思わせるラインナップで、西成ドヤ街とかけ離れた感じがすごかった。
(サブカル・オタク文化好きな外国人宿泊客向けなのだろうか…確かにここのホテルは外国人が比較的多めだが)
IMG_osaka_hotel_raizan_comic3





この手の本棚(宿文庫)の成り立ちって、過去にホテルに泊まった人が読んでた本を部屋に置いていってそれが溜まって自然発生的にできたケース、ホテル側が用意したケースなど様々あるのだろうが、本を通して宿の歴史が示されるようでなかなか興味深いので、引き続きチェックしていきたい。
(現場作業者だけでなく、観光客や外国人なども含め本当に様々な人が西成に出入りしているのを示す一面なのかもしれない)



特別限定生産三ツ矢サイダーが30円…西成ドヤ街の激安自販機(2018/12)

今回は、定番記事となりつつある西成ドヤ街(JR新今宮駅周辺)の激安自販機の話を。
先日(2018年12月)、西成へ行ってきた時の自販機写真を一部まとめて紹介。

 関連記事:1本30円~西成ドヤ街の激安自販機(2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/14855896.html

例によって、新今宮駅付近の南西側、ドヤ宿が並ぶ横丁に並んでいた自販機をチェック。
(エリア的には先日紹介した以下のエリア。この日は近くのゲーセンにも行き、そのついでに自販機を見て回った。詳細は以下記事)

 大阪西成探訪・西成警察署から萩ノ茶屋駅方面へ(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/25547887.html
 ゲーセン巡り・大阪西成・萩ノ茶屋駅「シンエイゲームセンター」
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/78202973.html

以前も紹介した大阪弁っぽい「おいなはれ」と七福神のデザインの自販機を見ると、最安値は「三ツ矢サイダー NIPPON(30円)」(写真右上)だった。
(2018年年内の期間限定発売だったらしい。飲んでみたが甘みも炭酸もほどほどで普通に美味だったが、アクの強いジュースが多い現代では目立たず、いまいちの評価だったのだろうか…)

 特別限定生産「三ツ矢サイダー NIPPON」|アサヒ飲料
 https://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2018/pick_0703.html

IMG_osaka_nishinari_cheap_vender


なお、少し離れた自販機では同じジュースが50円になっていたりと、自販機の微妙な価格差(自販機オーナーさんが独自に値付けしている?)があるのが面白い。
(こちらでは「やんばるパイン」などが60円。チェリオの「スイートキッス」という珍しい品が80円なのも目を惹く。ぐぐったら1982年発売のロングセラー商品らしい「あぁ~、未知の味」)

 (公式)スィートキッス 350CAN | CHEERIO - チェリオ
 https://www.cheerio.co.jp/lineup/スィートキッス-350can/

IMG_osaka_nishinari_cheap_vender_201812

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チェリオ スイートキッス500ml×1ケース(全24本)
価格:1824円(税込、送料別) (2019/2/16時点)



そしてまた別の「おいなはれ」自販機。

こちらでは「アロハメイド パッションオレンジ」「メッツコーラ」「とろけるココア」などが50円。
右上の方には「まろやかBLACK」などアイスコーヒーのペットボトルも50円。
(いずれも冬に飲むべきかどうかはともかく…一方、「まろやかカフェオレ」は100円と明暗が分かれた)
IMG_osaka_nishinari_cheap_vender_cold


そして今回衝撃だったのが、紙の値札でなくデジタル表示の激安自販機がついにここ西成ドヤ街にも新設されていたこと。
(JR新今宮駅を出て交差点の南東側の角にて発見。味のあるイラスト付きの値札の方が好きだが…)

 ペットボトル30円~・西成ドヤ街の激安自販機(2015冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/545427.html

並んでるのは「白桃スコール(80円)」など若干高めだったが、今後どういった品が並ぶか引き続き楽しみである。
IMG_osaka_nishinari_cheap_vender_degital



といったところで以上。
(あとは買ったジュースを持って泊まっていた近所の宿(以下)へ)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ再び
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073757258.html

引き続き隠れた大阪名物として、大阪万博まで生き残ってほしいものである。



ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜・2018/12)

先日、またドヤ街に泊った時に食べた物の話を。
(事業売却のニュースがあったので品揃えが変わらないか不安だったが、あいかわらず超・個性的な激安惣菜が豊富で安心した。正直もし玉出がなくなったら大阪観光の魅力が5割減という感じ)

 関連記事:スーパー玉出事業売却の報…玉出の思い出(2017・冬)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/24853178.html
 ドヤ街の食事(スーパー玉出の惣菜。2017・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/16525515.html

●「??ごはん」シリーズ
IMG_super_tamade_meal

前回ネタにした「豆ごはん」「明太子ごはん」に続き、白飯の上に具材を乗っけただけのシンプル&ワイルドな「??ごはん」のバリエーションが増えていた。

左上から順に

・タルタルのかかったエビフライとカツが乗った「エビカツごはん」

・豚キムチの具材を乗っけただけの「豚キムチごはん」

・わりと具沢山「焼飯」

周りには見切れているが「赤飯」「かつおぶしごはん」「焼きうどん」などよりどりみどり。
(ただ、値段は2017年は100円だったが、128円に値上がりしていた。事業売却・営業譲渡で採算性を重んじるようになったのだろうか)


●「スバゲ『ッ』ティ」も豊富
IMG_super_tamade_pasta

上にチラッと出た焼きうどんのほか、麺料理も色々。
スパゲティだけでも「カレースバゲッティ」「ミートスバゲッティ」「焼そば(塩味)」など。
(スパゲティでなく「スバゲッティ」なのは玉出のこだわりか。あと、気のせいかスバゲッティと焼そばの麺が似てるのは気のせいだろうか…)


●関西発祥「にゅうめん」も
IMG_super_tamade_noodle

カップ入りの汁物・麺料理もあるのだが、奈良県の郷土料理(らしい)「にゅうめん」も揃ってるのがさすが大阪のスーパーという感じ。
(ネギ、錦糸玉子などシンプルな具材入りで100円。ご飯ものは値上がりが目立ったが麺料理は価格据え置きが多い印象)

その隣は「しじみ出し豚汁」も100円。
「おいしさの頂点・今が旬」のステッカーでさりげないアピールもよい。
(冬にとれる「寒しじみ」が旬らしい)







料理の他に店内の派手なディスプレイやネオンサインなんかも独特で、この界隈に来たなら一見の価値ありと思う。
(入り口には「何かが安い!!!」と挑戦的なチラシも貼られていた。大阪名物として末永くこの雰囲気を維持してほしいものである)
IMG_super_tamade_yasui



大阪西成探訪・ドヤ街宿の風景色々(2015/03-12)

今回も先日(以下記事)に続き、以前自分が泊まった西成の安宿の中で見かけた貼り紙などから、ドヤ街の現実を探ってみたいと思う。

 (関連記事)大阪西成探訪・ドヤ街宿の貼り紙・注意書き(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/22958258.html


●ピンクの(公衆)電話
先日廃業してしまった喜久屋に泊まった時の写真(既に廃業した模様)。

 安宿・大阪「ビジネスホテル喜久家」閉店の報…(2017/12)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1072174106.html

1階のロビー近くに今時珍しいピンクの(公衆)電話(なつかしの関西芸人さんぽい言い方だが)が置いてあった。
(タバコ屋さんの店先かと…。ダイヤル式で、真ん中の「ピーッ!と鳴ったらもう1枚(10円を入れれば切れずに通話可能)」の注意書きも懐かしい)
xP1030007

いまや携帯よりも通話料金は高くつくケースの方が多そうだが、諸事情で携帯電話を持ってない西成の住民が使っているのかもしれない。
(東京のドヤ街・山谷でも駅前通りで公衆電話の横にテレカを売る店があったのを思い出す。災害時には重宝?)

 東京のドヤ街・山谷を散歩(2017年2月)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/15314141.html

そしてその隣には備え付けの宿文庫(というほどの数でもないので置き忘れかなにかかもしれないが)らしいスピリッツやスポーツ新聞が置いてあるのも雑多な感じでよい。
(AKBの島崎遥香(ぱるる)が表紙を飾る頃だったというのが、たった3年前とはいえ時代を感じる)



●お向かいさん(ドヤ)の似た人々
こちらも同じく喜久屋に泊まった時、窓からすぐ隣のホテルを撮影した時の写真。

窓枠の所に何本かのペットボトル飲料、お菓子の筒(プリングルスかチップスター?)らしきものが立て掛けてあって、自分と同じく激安自販機の愛好家なのかなとちょっと親しみを感じてしまう。
(酒や缶ビールがないのは健康に気を使ってるからか、それとも翌日の現場仕事に響かないよう休日の前にとってあるのだろうか…)
xP1700015

※なお、撮影したのは朝の5時半頃。
 自分は観光するための早起きだったが、お隣さんの電気がついてたのは早朝からの現場作業に出るためだったのかも。
 (朝6時でもトイレや洗面所には出勤前らしい男たちが結構出入りしてたりする。自分は鉢合わせを避けるためそれより一足先にトイレや髭剃りなどを済ませることが多い(ただ、あまり早すぎても安眠妨害になるので加減が難しい))


●備え付け(?)のテレビゲーム機
某ホテルのラウンジスペースにて撮影。

テレビの下の棚にいろいろ落書きされた初代wii本体が置いてあり、「Feel free to play!(自由にお使い下さい)」などカラフルなメッセージが書かれていた。
(そばにはルイージのマスコットも置かれていた。なお他にテレビを見てる人がいたので実際にプレイできるかは試さず)
xP1040012-2


もう1つ気になったのは、wii本体に書かれたホテル名(西成では物をなくさないよう持ち物に名前を書くのは基本だが)が、本体のあったホテルとは違う名前ということ。

使わなくなった備品ということで流れてきたのか、ホテル同士の助け合いのような横の連携があるのかもしれない。




オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)