ドヤ街余生日記

定職を辞めた後、ドヤ街の安宿を使った旅で自分探しをする男の記録。

大阪西成探訪・動物園前一番街を歩く(2018/12)

今回は、西成ドヤ街を散歩した時に見かけた風景写真などを適当に。
(以下の宿に泊まった日の翌朝に散歩した時の話。さすがに夜は散歩に出る勇気は出ない)

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ再び
 大阪西成探訪・萩之茶屋本通商店街で見かけた貼紙など

※最近はこんなパステル調のお店も並び、観光地化してる模様。
IMG_nishinari_cocoroom


●朝7時過ぎの動物園前一番街
ほぼシャッターが閉まり静かな中、この時間でもちらほら歩く人、自転車で移動する人がいるアーケード内。
両脇から斜めに立っている幟には「ディープ大阪ストリート」と、西成を観光地化するようなアピールもされていた。
(実際ユーチューバーなどに西成が紹介されることも増え、物珍しさも減ってきた感はある)
IMG_nishinari_deep_osaka_street


●西成に定着「いらすとや」
シャッターを見ると、高齢者向けの介護などの相談の広告が貼られていた。
「いらすとや」の可愛い絵でシビアな話題をするというセンスがなんともシュール。

 多言語対応に「いらすとや」も…大阪・西成観光マップ事情

IMG_nishinari_illust_ya


●酒場とアホと…
飲食店の出入りが近年激しいこの界隈。
「今日も明日も朝9時から営業」と気合の入った看板を出す飲み屋の横には、

「アホにつける 薬はあらへん 愛する西成」

という看板が。西成の夜はアホになって飲めということだろうか…
(東京・赤羽の朝から開いてる飲み屋などを思い出す)
IMG_nishinari_aho


●謎の店・カフェガーデン・ゲストハウス?
酒場の横にはパステル調でひときわ目立つたたずまいの「釜ケ崎芸術大学」というお店が。
隣には「カフェガーデン・ゲストハウス ココルーム」というピンクの看板と、その上に座るマネキン人形がいてなんとも謎が多い。
(ホテル予約サイトに入ってないこの手の宿というのも謎が多いところである。謎のたたずまいの店が結構並んでるのも西成の特徴)

 大阪・西成の商店街にある謎の「メディアセンター」

IMG_nishinari_cocoroom


といったところで以上。

この先さらにアーケードが続き、あの飛田新地付近まで続いてるのだが、その話はまだ後日。

 続き:大阪西成探訪・新今宮駅前から飛田新地方面へ(2018/12)



大阪西成探訪・萩ノ茶屋駅の酒自販機を1年ぶりに見に行く(2018/12)

先日記事にした、萩ノ茶屋駅そばに並んでいたお酒の自販機を1年ぶりに見に行った話を。
(西成といえば酒! 飲まずにはいられない?)

 大阪西成探訪・萩ノ茶屋駅のそばで見かけた個性的すぎる酒自販機
 大阪西成探訪・西成警察署から萩ノ茶屋駅方面へ(2017/12)

●「冷えてます」を強調
というわけで、朝の西成散歩ついでに南海線・萩ノ茶屋駅の西側すぐ近くにある自販機コーナーへ。
(萩ノ茶屋駅にほど近い「ビジネスホテル福助」に泊まった日の朝だった)

 安宿旅行記・大阪環状線・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)

「のものも」「まる」「トリスハイボール」などのお酒が並ぶ中、右上の方には年季の入った感じの「冷えてます」ステッカー。
(下の方に小さく「いいちこ」が描かれているが、ステッカーの後ろに隠れた缶は別の酒っぽい)

さらに、真ん中あたりにも手書きで「冷」の字(一文字だけというのがまた味がある)が貼られていて、よく冷えてることをアピールしてる模様。
(その周りのガラスがぼやけていて並んでる商品が見づらいが、相当年代物の自販機なのだろうか…)
IMG_osaka_nishinari_liquer_vender

なお、商品棚の下には「謹賀新年 南海電鉄萩ノ茶屋駅」というなんとも年の瀬らしい貼紙もあった。
(よく見ると日付は「2018年 元旦」だったが、一年間貼りっぱなしだったのだろうか…それもまた西成らしいが)


●「これがないと生きてゆけません」
別の自販機にあった大吟醸ワンカップ。
カップの上に小さく「これがないと 生きて ゆけません」と書かれていて、酒好きの西成おじさんの心の叫びを表してるよう。
(アル中患者のおっちゃんでなければいいのだが…)
IMG_osaka_nishinari_liquer_vender_ikite


●新聞の自販機
ちなみにお酒の自販機の隣には、朝刊を売る新聞の自販機も置いてある。
(こちらも枠の汚れ具合や広告を剥がした跡などかなりの年代物?)

西成住民の貴重な情報源だろうか。
(たいていドヤ宿のラウンジに1つか2つは新聞が置いてあるが、愛読紙がある方はこちらで買ったりするのかもしれない)

上の目立つ場所に「デイリースポーツ 140円」「サンスポ」などのスポーツ紙、下の方に産経、読売など一般紙が並ぶ順で、売れ行きの違いを示しているのかもしれない。
IMG_osaka_nishinari_newspaper_vender

ひとつ気になったのは、右上をよく見ると「感謝 感謝 感謝」と書かれた貼り紙があったこと。
(右下付近には黄色で「感謝の気…現金で…」という紙も)

ただならぬ思いを感じるが、今日も生きていられることへの感謝を忘れてはならないという西成住民の教え?


さらに、一部の新聞の棚には

「モーニングサービス 先着100名様」
「生活保護応援キャンペーン」

という貼紙もあったが、詳細は不明。
(早朝のため近くに店員がいなくてわからずじまい。新聞にオマケでも付いてるのかもしれないが…)
IMG_osaka_nishinari_newspaper_vender_service



といったところで以上。

自販機1つにも様々な歴史や秘密が感じられる西成の底は知れない…。
(なお、自販機を見た後は近くの萩之茶屋本通商店街にある早朝から開いてるゲームセンターにも立ち寄った。詳細は以下記事)

 ゲーセン巡り・大阪西成・萩ノ茶屋駅「シンエイゲームセンター」


ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出(本店?)の惣菜・2018/12)(2)

今回は、先日に続いてまたドヤ街に泊った時に食べた物の話を。

 ドヤ街の食事(大阪西成・スーパー玉出の惣菜・2018/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/28115541.html

この日は大阪市内の散策ついでにスーパー玉出の本店(らしい)・「スーパー玉出・玉出店」を見てきた。
(大阪メトロ・玉出駅から歩いて5分ほど、玉出本通商店街の中にある。長年お世話になってる者としてはやはり聖地として一度は訪れておきたかった)

 (公式サイト)玉出店   店舗情報   大阪の激安スーパー玉出
 http://www.supertamade.co.jp/store/1_tamade.html


こちらが外観。
定番のヒマワリが目立つ黄色い屋根、その下には★が輝くネオンサインがあり、暗めのアーケード街の中で一際目立つ。
xP2480130


さて、店内へ入ってお目当ての惣菜コーナーへ行くと、まず目に付いたのが定番ののり巻き類。

一見似たような「ツナサラダ巻(178円)」と「エビサラダ巻(198円)」。
見た感じ、違いは具材がツナかエビかだけな模様。
(他にはレタス、タマゴ、カニカマが入ってる)
IMG_nishinari_tamade_maki

左下にはウナギ、シイタケが入った「うな玉巻(198円)」もあった。
(「これはうまい!」シールも付いてるが、果たしてウナギにタマゴやカニカマは合うのだろうか…)


次は汁物類。

上は「あごだしの肉うどん(218円)」。
「あごだし」といい「肉うどん」といい西日本らしいメニュー。

下は「具だくさん豚汁(148円)」。
豚肉やサトイモ、コンニャク、大根など定番の具材がたっぷり入って、この安さもボリュームも惹かれる。
(ご丁寧に七味も付いている)
IMG_nishinari_tamade_shiru


そして度肝を抜かれたのがこちら。
「シフォンケーキ(チョコ)(ハニー)」と、ついにスーパー玉出がスイーツにも進出し始めた模様。
(作り始めのせいか、この大きさで100円と玉出の中ではややお高めな印象だが、西成では甘いものは貴重ということ?)
IMG_nishinari_tamade_cake

その上に並ぶ「ロールサンド(ハム玉子)」も他のお惣菜に比べるとオシャレな感じで、新商品開発に余念がない様子が窺えた。


で、結局買ったのはこちらの「サラダ巻(カニ風味)(128円)」。
(実は他にもあれこれ惣菜を買い込んでいたため、この日は少量だけ買うことにした)
IMG_nishinari_breakfast

なお、紙コップのお茶はホテルのサービス。
こちらのホテルはアメニティやサービスが充実しててありがたい。

 安宿・大阪「ビジネスホテル来山北館」(1泊2500円~)へ再び(2018/12)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1073757258.html



大阪西成探訪・萩之茶屋本通商店街で見かけた貼紙など(2018/12)

今回は、西成ドヤ街を散歩した時に見かけた風景写真などを適当に。
(以下の宿に泊まった日の翌朝に散歩した時の話。1年前に散歩した時の記事は以下)

 安宿旅行記・新今宮駅「ビジネスホテル福助」(1泊1500円~)
 http://yasuitabi.blog.jp/archives/1069305784.html
 大阪西成探訪・西成警察署から萩ノ茶屋駅方面へ(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/25547887.html

■謎の「オーナー名言集」

1年前にも色々な貼り紙があった萩之茶屋本通商店街へ。
まず目に付いたのがこちらの2つの貼り紙。

左の貼紙の「男の美学」は1年前に別の場所でも見かけたもの。
あちこちに書かれるということは好評なのだろうか…?
(あるいは「オーナー」とあるのでここら一帯の商店街やドヤを取り仕切っている方がいるのだろうか)

 大阪西成ドヤ街・夜の風景(2017/12)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/21951565.html

IMG_osaka_nishinari_owner_meigen

そして右の貼紙には以下の一言。

「汚れた沼にも 花が咲きます もう一度花を 咲かせてみよう ~オーナー名言集~」

西成で再起を誓う人へのエールだろうか。
(以前紹介した「やるぞ!!」看板を思い出すが…)

それにしてもこの「オーナー」とは何者なのだろうか。
少しぐぐったところ、以下のサイトなどがヒット。少なくとも2015年頃からこの「オーナー名言集」が出始めてる模様。

 (参考)ディープな大阪・西成  ドヤ街潜入! - ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き
 https://murauchi.muragon.com/entry/513.html


■「なにわの隅の片隅で…」

続いて見かけたのがこちらの貼り紙。
IMG_osaka_nishinari_naniwa

左端の白い貼紙には以下の一言。

「なにわの隅の片隅で 小便などしないで下さい」

演歌の歌詞のような7-5調の出だしが妙に印象的。
「隅」のさらに「片隅」と重ねてるのがまた味わい深い。

さらによく見ると、右の「自転車を止めないで下さい…」も、文末が「…」で終わってるのがちょっと怖い気がする。
(貼った人の怒りがにじみ出てる?)


■「日本人は原点に帰れ!」

そしてさらにその近くにあったのがこちら。

右下に並ぶ4枚の貼紙は前回紹介した「露天商にも生きる権利がある…」など。
(これも文末が「…」で、先ほどの「自転車を止めないで下さい…」と同じ方の貼紙だろうかと推測)
IMG_osaka_nishinari_J

そしてその上に厚紙に緑字で書かれた以下の一言。

「日本人は原点に帰れ! 義理・人情を忘れるな!(J)」

昭和の町並みがそのまま残る(住んでる人も昔のまま?(高齢化してしまったが))西成の人だから言えるセリフなのかもしれない。
(この手の主張で「日本人」とあると外国人が言ってるのかと一瞬思ってしまうが…貼紙の主らしい(J)の詳細は不明)


■西成のクリスマスっぽいユンケル自販機

最後は少し華やかに、商店街と南海線のガードを抜けて進んだ先にあった自販機。
IMG_osaka_nishinari_yunker

「アリナミン7 ZERO」「リポピタンD」など栄養ドリンクが並ぶ自販機なのだが、棚の下にサンタルックのゾウのサトちゃんや雪だるまなどが貼られていて、つつましやかにクリスマスを主張していたのが印象的だった。
(「ユンケルパワー」「TVCM放送中!」していたのがいつの頃の話なのかは置いておいて…)

そういえば、以前別の薬局でタイガースのユニフォーム姿だったサトちゃんがいたのを思い出したり。

 大阪西成ドヤ街の風景(2016・春)
 http://doya-gai.blog.jp/archives/5312298.html

西成の労働者の方もこれを見て、ふとクリスマス(今年にしろ、過去のにしろ)に思いを馳せたりするのだろうか…と思うとちょっとぐっとくるものがある。


※なお、この後は同じ萩之茶屋本通商店街にある早朝から開いてるゲームセンターにも立ち寄った。
 詳細は以下記事。

 ゲーセン巡り・大阪西成・萩ノ茶屋駅「シンエイゲームセンター」
 http://tama-game-retro.blog.jp/archives/78202973.html


オススメドヤ街宿
ギャラリー
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 大阪西成探訪・飛田新地付近の散策(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 西成ドヤ街から歩いてすぐ・通天閣の地下を散歩(2018/12)
  • 大阪西成探訪・ドヤ街のシャッターアート(2018/12)